2017年11月26日

ご無沙汰しております

 今年ももう、残すはあと一か月あまり。めっきり朝晩は冷え込み、
暖房なしでは居られなくなりました。エアコンに電気ストーブに床暖房と
電気代が心配な今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

寒がりなレントゲンのおっさんは、相変わらず、週末は映画に出かけております。
伏見や新栄や名駅西や港区、いろんな所に出没しております。
あと、クラウドファンディングで協力させてもらった作品のエンドロールに
自分の名前が載るのが快感を覚え、この前も(11月19日)東海市で開かれた
第7回知多半島映画祭に行ってきました。俳優 津田寛治さんが監督された
短編映画のエンドロールに、ほんの一瞬でしたが僕の名前が出てました。もうやだ〜(悲しい顔)
当日は津田さん本人と主演の渡辺哲さんも来場され、撮影秘話などが聞けました。
また午後からはショートフィルムコンペティションも開かれ、全国からの選りすぐりの
5本の短編映画を観ました。一本30分程度でしたが、感動して泣けました。
グランプリに輝いた作品は、不運な男役の濱田岳さんや怪しいオカマ役の佐藤二朗さんの
登場で、笑いあり、最後は涙あり。
準グランプリに輝いた作品(僕はコチラに投票した)は小豆島を舞台に、しまこと
父の再婚相手の女性との心の葛藤と次第に近づいて家族になっていくストーリーで
終盤、しまこが振り返って涙を流すシーンはこちらも大号泣。18分でこれだけ描けるのは
すごい。監督は香川県在住の銀行勤務の女性でした。

 そんなこんなで、最近は短編映画にはまっているレントゲンのおっさんでした。
posted by shiromi-seikei at 23:21| Comment(0) | 日記